プレビューモード

【潮6月号の読みどころ】民衆こそ王者――池田大作とその時代

『潮』2023年6月号「民衆こそ王者――池田大作とその時代〈識者の声篇〉」では、「『誰ひとり取り残さない』池田SGI会長の哲学」と題し、井手英策氏にご登場いただきました。財政学者はなぜ創価学会に共感するのか。本記事の読みどころをご紹介します。

◎記事のポイント
慶應義塾大学教授の井手英策氏は「民衆こそ王者」を通読。「師弟」を徹底して大切にする創価学会の姿勢に着目しながら、創価学会の信仰、公明党の議員の活動、そして池田大作SGI(創価学会インタナショナル)会長の思想の意義に迫っていきます。

***********