プレビューモード

男の料理教室 in 岡山(未公開写真を特別公開!)

月刊『パンプキン』の大人気企画「男の料理教室」!

今回は、職場や地域で奮闘する岡山県の男性5名が集結!
家族と楽しむひな祭り料理に挑戦します。
今回のメニューは「飾り寿司2種」「ロール白菜」「すまし汁」「フルーツミルクかん」の4品です。

料理を教えていただいたのは、野菜や果物の栽培に精を出し地産地消に取り組んでいる片岡京子さん。
親子料理教室や男性料理教室など幅広い活動を行う片岡さんが用意してくれた採れたて野菜を使い、おいしい料理を作っていきます。


男性陣の奮闘の様子、また、各レシピの詳細は、月刊『パンプキン』2024年3月号をご覧ください。

****************

①茶巾寿司用の薄焼き卵に挑戦。卵をひっくり返すのは至難の業です。
ただ、もしも卵に穴が開いてしまっても「さらに卵を追加で流し込んで埋めてしまえばOK!」と片岡先生。



②茶巾寿司の仕上げ。薄焼き卵にすし飯をのせて包み、三ツ葉で結ぶのは大変。そこで二人で協力して行いました。真剣そのものです。



③ケーキ寿司の盛り付け。牛乳パックでつくった輪を外す作業は、崩れやすいので慎重に。



④具がはみ出さないようにロール白菜を包んでいきます。すばらしい出来栄えに思わずニッコリ。片岡先生も、きれいなロールに感動していました。



⑤にんじんを花型で抜いていきます。楽しくて思わず笑みがこぼれます。「こういった作業があると、子どもたちも喜びそう」という声も。



⑥味を調えるために、ロール白菜のスープを味見。「うまい!!」と一言。



⑦本日つくった料理を盛り付けていきます。皆さんセンスが良く、美しい仕上がりになりました。盛り付けにはそれぞれの個性も出て、おもしろいです。