プレビューモード

パンプキン2024年6月号 読みどころ


『パンプキン』2024年6月号(5月20日発売)の読みどころをご紹介します!
*****************************

◆巻頭特集 梅雨をかろやかに過ごす
◎梅雨こそ心と体のメンテナンスを
梅雨は体の調子を崩しやすかったり、ジメジメした気候でカビや臭いも気になる季節です。そんなときこそ、体の不調のサインを見逃さず、心と体をいたわる大切さと改善策、そして、梅雨を快適に乗り切るコツを心療内科医の海原純子先生に、教えてもらいました。

◎健康は快適な環境づくりから
湿度が高く、家にカビが発生しやすい梅雨の時期。無理のない工夫で家の環境面から、心も体もさわやかに暮らすアイデアをご紹介。各種メディアで暮らしに関する情報を発信する家事アドバイザーの河野真希さんにお話を伺いました。

ーーー
大人の遠足 群馬
草津や伊香保、四万や水上といった日本を代表する温泉地を有し、水資源や森林資源などの自然に恵まれており、古くから東国文化の中心地として栄えた群馬県。
ショッピングや見て楽しむスポット、おいしい料理の数々をご紹介。すてきな群馬のお取り寄せも掲載しています!


ーーー
◆連載《第129回》データで学ぶ『新・人間革命』

第19巻 「陽光」の章 「海外学術講演」の足跡〈上〉
「陽光」の章には、1974 年4月に、山本伸一にとって初めての海外大学講演となったカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA) での模様が描かれている。
池田大作先生は世界各国の大学・学術機関からの招聘に応じ、その講演は32 回に及んだ。初の海外講演から50 年。今、あらためて、50 年の足跡をたどりながら、そこに込められた思いや意義を学ぶ。


◆新連載 もっと気軽に!青梅ハーブ農家便り
香りが心地よい、ハーブティーの愉しみ
奥薗和子(フローリストファーマー)

今月号より「もっと気軽に!青梅ハーブ農家便り」が連載開始となります。第1 回ではハーブティーの愉しみ方から、余ったハーブをお掃除に活用する方法までご紹介します!


◆村上祥子さんのがんばらない料理ノート
冷凍梅なら少量で梅干しが作れます
「梅干し作り」を手間なし簡単に。冷凍梅なら作りたいときに少量をジッパー付き保存袋ですぐにできます。夏に最適な梅を使ったレシピも掲載します!


◆連載コミック きっと幸せの朝がくる(原作:古川智映子 作画:くさか里樹)
取材を重ねるうちに、智映子の中で広岡浅子像が鮮明に浮かび上がっていった。どんな逆境にもたじろがない浅子の胆力に智映子はすっかり魅了されるのであった――。

ーーー


★パンプキン読みどころをPDFでも配信中★

パンプキンの読みどころ(PDF)をダウンロードしたい方はコチラをクリック。

 

 ーーー

こちらの記事も読まれています