プレビューモード

「狂気」をなだめた奥多摩の大自然――松田優作と松乃温泉「水香園」(東京都)

 温泉の真理――、それは「日本人はひとたび温泉に入り、浴衣に着替えればただの人。社会的立場や、鎧を脱ぎ捨て、素顔をさらすことができるのは温泉宿しかない」ということだ。
 温泉エッセイストの山崎まゆみさんが昭和のスターたちの「素顔」に迫るノンフィクション「宿帳が語る昭和100年」(定価1980円/小社刊)。潮プラスでは、本書に収録されている珠玉のエピソードを一部公開する。

****************

「ブラック・レイン」の台本を片手に


 日米合作映画「ブラック・レイン」(1989年)は松田優作の遺作として知られる。末期の膀胱がんだった松田は、医師から「命か、映画か」と選択を迫られるほど深刻な症状だったが、命を削る覚悟を持って撮影に臨んだ。

「ブラック・レイン」は大阪の街を舞台に、アメリカ人の警官マイケル・ダグラス、アンディ・ガルシアと日本人警官の高倉健が、松田優作扮する日本のヤクザを追跡するアクション映画だ。

 私は公開されてすぐに映画館に行ったが、改めていま観ると、青い目と金髪の派手な存在のマイケル・ダグラスに対して、短髪で黒い目をした高倉健のストイックな演技が際立っていた。

 ただ最も目が離せなかったのは松田優作だった。

 痩せ細り、こけた頬に眼光鋭い目だけをギョロリとさせる様は、姿を現すだけでその場の空気を凍らせた。松田は自身でも「狂気」という言葉をよく使うが、まさに鬼気迫り、背筋がぞっとした。

「ブラック・レイン」の撮影前に台本を持ち、松田優作がひとり訪れたのは東京都奥多摩に湧く松乃温泉「水香園」だった。女将の中村恭子さんが当時を語る。

「いつもと様子が違ったんです。『河鹿(かじか)』のお部屋から出てこないし、口数も少なく、すごく痩せたので、大きな役に取り組んでいるのかなと思いました。でも、何かおかしくて、『大丈夫ですか?』と尋ねましたら、『調子悪いんだよ。身体が痛くてさ』とおっしゃって、『痛くて』と繰り返し、何度も何度も温泉に入っていました」

 これが、松田優作が「水香園」を訪れた最後になった。


松田優作(イラスト:南伸坊)

 日本映画史において強烈な光を放ち、ファンだけでなく多くの役者から今もリスペクトされる松田優作。「人間の証明」(昭和52年)「蘇える金狼」(同54年)「野獣死すべし」(同55年)「探偵物語」「家族ゲーム」(ともに同58年)「それから」(同60年)などアクションから文芸作品まで幅広い役をこなす当代一のスターが、なぜ、東京の奥まった温泉宿に来るようになったのだろうか。

 その疑問を女将にぶつけると、意外な答えが返ってきた。

「中学生の頃から優作さんのファンでした。高校生になってからは友達と、日活の撮影所のフェスティバルに必ず行って、優作さんには7~8回はお会いしました。でも、本人を目の前にすると緊張して、何を話したか覚えていませんが(笑)、たぶん『いつも観ているから頑張ってください』と言ったように思います。一度だけ、優作さんが上着を着せてくれたことがありました。ぶっかぶかで暖かかったことを覚えています」

 女将が高校3年生の夏休み、最後に撮影所を訪ねた時のことだ。

「『太陽にほえろ!』の撮影中でしたので、石原裕次郎さんや神田正輝さんにも会えました。裕次郎さんから、『どこから来たの』と聞かれたので『奥多摩』と答えると、『あんな所から来たの』と話題が広がり、うちが旅館をやっている話になりまして、『奥多摩なら、いい宿なんだろうな』と、裕次郎さんが言ってくださったんです。優作さんは、その会話に途中から入ってきましたので、どこから聞いていたかはわからないんですが……」

 その後、女将は高校を卒業し、撮影所に行くこともなくなった。

 それから4~5年経った昭和58(1983)年頃、松田の名前で予約が入る。

「いらしたのは優作さんと、龍平君がお腹にいた身重の美由紀さんでした。私、びっくりしちゃって。優作さんに『撮影所で会ったことがある』とは話しませんでしたが、優作さんが入ってきた時に目が合って、にこっと微笑んでくれたので、覚えててくれたのかな……」

 女将にその時の気持ちを尋ねると、

「それはもう嬉しくて……。だって中学から使っていた定期入れに、レイバンのサングラスをした優作さんのブロマイドを入れていて、高校を卒業する時はぼろぼろになっていましたからね」と、興奮した面持ちになった。

 まさか松田の予約が松田優作だとは想像もせず、この日は満室だったこともあり、予約通りに四畳半と三畳に渡り廊下だけが付いた最も小さな部屋を使ってもらった。

 この日を境に、「水香園」は松田優作の定宿となった。

 最初の妻でありノンフィクション作家の松田美智子氏の著書『越境者 松田優作』でも、昭和63(1988)年に美智子氏が松田優作に会った際、「奥多摩にな、俺が仕事に入る前に隠れ家みたいに使っている旅館があるんだ。近くに川が流れていて、風呂も大きいし、いい所なんだ」と薦められたという一節がある。


タバコと珈琲を横に


 松田優作はひとり台本を持ちながら、あるいは夏休みに子どもたちと家族旅行で、と用途を分けて「水香園」にやって来た。

「10回、いやもっといらしていますね。優作さんはいつも『ここの風景が好きなんだ。生まれ育った田舎の景色と似ていてね』とおっしゃっていました」

 松田優作は山口県下関市で生まれ育った。韓国人の母ひとりの家庭で、後に非嫡出子であった出自に心を痛めた様子は『越境者 松田優作』に克明に記されている。緑豊かな奥多摩の風景は松田優作にとって、〝憧れの故郷〞に重なるイメージだったのだろうか。

 ひとりで来る時は、多摩川の河原が目の前にある八畳二間の客室「河鹿」を利用した。明治初期の建物ゆえに、富士山や街並みを描いた絵ガラスが特徴だ。

「優作さんは『古いものが好き』と、とっても気に入っていました」

 滞在中に特に要望はなく、食事も通常の夕食と朝食を出した。

「川魚の塩焼きや鯉のあらいを出しましたが、残さずに綺麗に食べてくださいました。おひとりで来られるのは新春の頃が多くて、山菜の天ぷらも食べられましたよ」

 唯一のリクエストといえば、

「ポットのそばにはいつもインスタントの珈琲が入った瓶が欲しいと言われました。優作さんはヘビースモーカーで、すぐに灰皿が吸殻で山盛りになってしまうので、1日に何回も灰皿を取りかえました。仕事中は座椅子を利用され、畳や窓際の廊下にゴロンとしては、台本を見ていました。その横にはいつも珈琲とタバコがありました。タバコは匂いが残るので、お帰りになると半日は窓を開けっ放しにしました」

 松田優作と言えば183センチという長身で知られるが、

「一度だけ、美由紀さんと二人でお風呂に行く後ろ姿を見たのですが、浴衣がツンツルテンで(笑)。優作さんからも『もう少し、大きい浴衣ないの』と言われましたが、それ以上大きなサイズはなくて。

 お部屋に入っていた仲居にも、優作さんから『布団から足が出る』と言われたこともありまして、優作さんのために敷き布団と掛け布団をそれぞれ2枚使い、優作さん用の寝床を作っていました」

 ひとりの時も、家族で訪れる時も付き人が車で送迎した。

「いつも黒系の服装が多く、黒いジャケットとジーパン姿で、足が細くて『なが!』って思っていました。おひとりの時はサングラスをしていましたが、家族といらした時はかけてなかったです」

 過去に1度だけ、すでに満室で予約を受けられなかったことがあった。結局、近所の旅館に宿泊したが、玄関先に「歓迎 松田優作さま」とプレートが掲げられ、サインと写真攻めにあい、松田は「すごく嫌だった」としみじみ女将に話した。

 じつは、松田優作の部屋担当の仲居も色紙を持ち歩いたことがあったが、最終的にサインも写真も一度もねだらなかった。

「欲しがったら、優作さんがもう来て下さらないような気がしたんですよね」と女将は控えめに語る。


松田優作が愛した客室「河鹿」の外観


家族旅行の素顔の優作

 松田優作と美由紀は3人の子どもを授かった。子どもたちが夏休みに入ると、松田優作は家族を連れてきて、「河鹿」より広い一〇畳二間の「松」の部屋を使った。

「龍平君と翔太君は本当にいたずらっ子。いつも運動会をしていました(笑)。うちの息子が龍平君と同じ歳だったので、『一緒に遊ぼう』と帳場に来ていたこともありました。優作さんは息子さんがまとわりつくのを『忙しいのに、まったく』という風で、2人が河原で遊ぶ姿を時たま見に行く感じでした。あとは息子さんを連れてお風呂に行っていましたね。美由紀さんとは歳が離れているせいか、甘えさせている印象で、ひとりで来る時より、ずっと穏やかな表情をされていました」

 松田優作が亡くなってから、一度だけ、2000年代前半に美由紀と龍平、翔太が「水香園」に来ている。

 西多摩霊園(東京都あきる野市)に眠る優作の墓参りの帰りに立ち寄っただけで、宿泊はしていない。

 美由紀は「ここに来ると涙が止まらなくなるから、もう来れない」と泣き出し、息子2人はしみじみと父との思い出の庭や河原を歩いていたという。

「水香園」は「相棒」をはじめ人気テレビ番組や映画など、多くの撮影に使われている。なかには、「ここは松田優作さんの定宿だったんですよね」と話を振ってくるスタッフも少なくない。

 いまも多摩川のほとりに建つ「水香園」はよく手入れされた3000坪の庭園に、離れ形式で全5棟6室があるのみ。

 静けさが保たれ、松田が言う「隠れ家」だ。「河鹿」は多摩川に最も近く、涼やかな川音が聞こえてくる。「松」は少し高い位置で敷地を見渡せる。

 松乃温泉はアルカリ性単純硫黄泉。硫黄成分の血管拡張作用は身体を温めるため、痛みに苦しんだ松田も少しは楽になったのだろうか。松田が「風呂も大きい」と気に入った大浴場は健在で、大きなガラス窓越しに多摩川が望める。

 女将の中村さんにとっての松田優作とは? と尋ねると、

「うちにいらした時は、話をしてもいつも目が笑っていました。映画での拳銃を持った姿はどこにいったの? と思うほどで、私にとっては映画『探偵物語』の優作さんがいちばんしっくりきます」

 ふっくらとした丸顔の中村さんは柔らかな印象で、とても控えめだ。生い立ちも、その仕事の様も「狂気」を帯びた松田優作とは対極にいるような人だ。

 松田優作にとって、中村さんは慎み深いファンであると同時に、ただただ寛げる場所を提供し、温かく包んでくれる存在だったのだろう。


松田優作が家族とともに滞在した「松」の部屋


文=山崎まゆみ(エッセイスト・ノンフィクションライター)

昭和のスターたちが温泉宿で見せた素顔に迫るノンフィクション『宿帳が語る昭和100年 温泉で素顔を見せたあの人』(定価1980円/潮出版社刊)は好評発売中!
本書の詳細/ネットでの購入はコチラをクリック!

こちらの記事も読まれています