プレビューモード

【潮10月号の読みどころ】民衆こそ王者――池田大作とその時代

連載ドキュメンタリー企画 
民衆こそ王者――池田大作とその時代 道を開く人篇(2)


1981年(昭和56年)、池田大作はソ連(当時)やアメリカをはじめ、世界を駆けめぐり、各国のリーダーと語り合った。ソ連首相のチーホノフには、スイスなどのよき地を選んでの「トップ同士の対話」を呼びかけた。
「世界平和のために是非とも首脳会談を」「安心感を人類に与えていくべきである」
池田の率直な訴えを聖教新聞で知り、日本で涙する婦人がいた。池田からソ連の切手を受け取り、人生が変わったアメリカの青年もいた。
冷戦の渦中に花開いた人間革命のドラマを追う。

*********************

こちらの記事も読まれています