プレビューモード

男の料理教室 in 愛媛(未公開写真を特別公開!)

月刊『パンプキン』の大人気企画「男の料理教室」

今回は、職場や地域で奮闘する愛媛県の男性6名が集結!
メニューは「N.Y.カップケーキ」「スコーン(プレーン)」「きゅうりとスモークサーモン&ハムとチェダーチーズのサンドイッチ」の3品です。
家族へ日ごろの感謝の思いを伝えようと、おしゃれでおいしいお菓子作りに挑戦されました。

料理を教えていただいたのは、愛媛県内でベーカリーを営む近藤智子さん
近藤さんは愛媛の大人気観光列車「伊予灘ものがたり 道後編」で振る舞われるアフタヌーンティーセット作りも担当されています。

男性陣の奮闘の様子、また、おいしいお菓子のレシピは、月刊『パンプキン』2023年8月号をご覧ください。

****************

誌面の都合上、掲載しきれなかった「男の料理教室 in 愛媛」未公開写真の数々をご紹介します!

①近藤さんのお手本を食い入るように見つめる男性陣。
質問が出るなど、積極的な姿勢で料理に挑戦されました。



②カップケーキの生地を「均等に」専用カップへ
流し込むことは想像以上に難しく、少し苦戦中。



③赤、緑、水色……。自分好みの食用色素を混ぜた
デコレーションクリームで飾りつけをしていきます。



④スコーンづくりの1コマ。
「手は冷えていたほうがいい」という助言を受けて、
エアコンに手をかざそうと試みています。



⑤⑥スケッパーを使いながら、スコーンの生地を分割していきます。




⑦サンドイッチづくりの1コマ。
「きゅうりは薄く切ったほうがおいしい」と近藤さん。
男性陣でどれだけ薄切りできたか見比べています。



⑧食パンにきゅうりを重ねている様子。
今回のサンドイッチでは、そのほかに
スモークサーモンやハム、チェダーチーズをのせていきました。



⑨スリーティアーズと呼ばれるスタンドに盛り付け。
並べ方にも英国式のスタイルがあります。



⑩全員でティータイム。自分で作ったお菓子の味は格別です。
会場では「あまり食べたことがなく、こんなにおいしいお菓子だと知らなかった」と、スコーンに驚きの声があがりました。



⑪誌面では、近藤智子さんに「アフタヌーンティー講座」も実施していただきました。
ぜひご覧ください。

こちらの記事も読まれています