プレビューモード

【12/15〆切】『吉野朝残党伝』サイン本プレゼント

『吉野朝残党伝』サイン本を5名様にプレゼント!

天野純希最新作!

「野村胡堂賞」受賞後初単行本!

吉野の山野で馬借に仕えていた少年・多聞は、野盗による襲撃から辛くも逃れる。
行先のない多聞の前に、二人の武者が――。二人は、後醍醐帝の後胤・玉川宮敦子、後鳥羽帝の後裔・鳥羽尊秀、と名乗る。
「そなたには見どころがある。どうだ、我らの同志にならんか?」

弱き民草を虐げ、我が世の春を謳歌するすべての武士、公家、寺社、有徳人どもを倒し、あるべき世を作り上げる。

吉野朝(南朝)の隠密部隊「菊童子」として訓練を受けることになった多聞は、京の将軍・足利義教の打倒と南朝の再興へ向けて尽力していく。
暗殺、奇襲、破壊工作――その道は過酷を極めた。
状況の打開へ、敦子と尊秀は、将軍義教の弟・義昭との接触や、鎌倉公方の籠絡、同志の拡大などを画策する。
一方で、南朝の正統性、そして信念と志に、有力大名や国衆をはじめ「つわもの」たちが集い来る。
ついに義教は吉野へ大軍を差し向ける。その裏には幕府方、吉野朝方、それぞれの武将たちの思惑が交錯する。
しかし、誰も気づかぬところで、さらなる謀略が張りめぐらされており――!

中山義秀賞をはじめ、数々の賞を受賞した歴史小説の気鋭が、
歴史に埋もれた国家の行く末を懸けた史上最大の反転攻勢を迫力の筆致で描き出す会心作!

 

ご応募の際は下記の「応募する」をクリック(タップ)いただくと応募画面に移動します。



 

 

ご応募にあたっては潮プラスへの会員登録(無料)が必要になります。
潮プラス会員に登録いただくと、「潮」「パンプキン」のお得な情報や読みどころなどの会員限定コンテンツをお楽しみいただけます。
無料会員登録はコチラから

こちらの記事も読まれています